“いつかお店を開きたい”

その夢を、ネットの中で叶える物流プラットフォーム」~コスパクリエーションが描く未来~

創業者であり現代表の上田。

普段、冷静で分析的な思考をしますが、想い描く未来には、私達も知らない熱い想いがありました。

佐藤:「(苦境の時代に2日間寝込んだ)布団の中で思いついたものは、もう超え初めているんですか?その頃に思いついたものは、まだ未完成?」

上田:「もうちょっとですね。近いイメージはできてはいるんですけど、まだですね。」

佐藤:「布団の中すごかったですね(笑) 今はシステム強化して、会社の生態系の中のパートナーの皆さんがより(ビジネスとして)強くなれるように、頑張っていると。」

上田:「そうですね、事業戦略としても、そう考えています。」

現在は年商68億円規模の会社の創業者である、上田。

上田が思い描いた、本質的な組織の在り方を反映したビジネスモデル。その展望とは?

[再生時間7:57]

(一部抜粋)

佐藤:これからの自社の展望など色々お考えになっていらっしゃると思うんですけど、どんなことをこれからやっていこうとかっていうのはあるんですかね。

上田:1つは強みである商品力をそのまま持ち続けなければならないっていうのがありますね。

それに加えて、会社全体のビジネスプラットフォームですね。

概念的なプラットフォームっていうのと、システム的なプラットフォームっていう2つがあると思うんですけど、そこを徹底的に強化しないと今後の拡大は無理だなっていうのを数年前から思っていました。

そういう意味で人事制度を整えたり組織を整えたりっていうのを5年前くらいからやってきたんですね。

それがようやくこう幹部が揃い始めていて、システム強化できる見通しが立ってきているので、システムを中心に据えて考えています。

強みである企画力で、在庫に売れる商品を投げ込むっていうのと、売り側は、中小ECショップで3~5人のところがメインなんですけど、大手もいけるし、スマホがきているので個人でもいけると。

佐藤:メルカリみたいな感じですか?

上田:似ているんですけど、自宅にある商品をアップするんじゃなくて、いつかは自分の雑貨屋さん開きたいとか、喫茶店を開きたいっていう夢を持っていた人って多いと思うんですよ。

そういう方がネットの中で自分のお店を開く、ゼロ円で。っていうシステムを作ることができる。

というか、今作っているんですよ。

そうすると個人側で、1クリック2クリックでスマホの中でできると思うんですよ。

自分たちは仕入れができるんで。

佐藤:じゃあ個人がやることとしては、私のこだわりはこの商品だよっていうのを選ぶのと、紹介文を書くっていう。

上田:そうですね、SNSとかああいうソーシャルで。気に入ったので紹介したい、みたいなのが、商売になってしまう。

そういうシステムをつくってしまいたいんですよね。個人向けと、今は大企業さんにも声かけてもらえるようになったので、あとは地域を増やして海外で、っていう。世界中どこでもいけるんじゃないかな、物流さえ整えれば。全体を見直して、生態系としてプラットフォーム化してっていうのを考えています。

佐藤:それはもう布団にはこもってないですよね?(笑)

上田:そうですね(笑) もう社内のメンバーと議論して。優秀な人、自分よりネットやシステムに詳しい人が散々いるので。

佐藤:仲間がアイディアをだして、当初の構想がさらに広がって…

上田:そうですね。


《対談者プロフィール》

佐藤孝治

株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長
1972年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。97年7月アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。99年10月ジョブウェブを法人化し代表取締役社長就任。以後、学生の就職支援と企業の採用支援を通じて、 学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。2013年7月より代表取締役会長に就任。
著書に「廃止論(PHP出版)」「内定の原則(英治出版)」等。
公益財団法人日本ユースリーダー協会 理事
一般社団法人アスバシ教育基金 理事

上田敬太郎

株式会社コスパクリエーション 代表取締役
新卒で大手通販企業に入社。その後、2001年に理想の組織づくりを目指して、 株式会社コスパクリエーションを創業。『通販素材.com』を立ち上げ、ネット通販の供給側に在庫リスクゼロで販売ができる、BtoBtoCの事業モデルを構築した。常日頃から本を読むことが好きで、その幅はとてつもなく広く、ビジネス書だけでなく、哲学、音楽、芸術、歴史に精通しているため、質問に対して返答がないケースは稀。しかし、高校まではピッチャーとして甲子園を目指したり、大学ではボート部に所属していたりと体育会系でもある。

Pick Up対談

※タイトルをクリックすると記事もご覧いただけます。

なぜ働くのか、なぜ生きるのか

特別対談_「理性(論理)と感情(喜怒哀楽)のバランス」

特別対談_「理性(論理)と感情(喜怒哀楽)のバランス」

コスパクリエーションだからできること

社長対談シリーズ 第13回

社長対談シリーズ 第13回

学生の就職支援会社(株)Jobwebの佐藤会長との対談

※タイトルをクリックすると記事もご覧いただけます。

通販やインターネットとの出逢い

社長対談シリーズ 第1回

社長対談シリーズ 第1回

創業から2年間の迷走

社長対談シリーズ_第3回

社長対談シリーズ_第3回

インターネットとの偶然の出会い

社長対談シリーズ 第4回

社長対談シリーズ 第4回

コスパクリエーションが描く未来

社長対談シリーズ 第9回

社長対談シリーズ 第9回

コスパクリエーションだからできること

社長対談シリーズ 第13回

社長対談シリーズ 第13回

戦略採用のパートナー 中村氏との対談

※タイトルをクリックすると記事もご覧いただけます。

ハイパフォーマーとは、常に本質を問い続けられる人

特別対談_「コスパクリエーションで活躍するハイパフォーマー」

特別対談_「コスパクリエーションで活躍するハイパフォーマー」

なぜ?を問い続ける思考、上田社長の探求心の原点

特別対談_「なぜ?をひたすら問い続ける思考、探求心の原点」

特別対談_「なぜ?をひたすら問い続ける思考、探求心の原点」

夢に向かうためのアプローチ「日常の考え方」

特別対談_「夢を描くとはどういうことか」

特別対談_「夢を描くとはどういうことか」

上田社長の本質的な組織の捉え方

特別対談_「本質的な“組織”の捉え方」

特別対談_「本質的な“組織”の捉え方」

ビジョン・ミッションの先に描く、善き社会

特別対談_「ビジョン・ミッションを追及したその先に描く、“善き社会”」

特別対談_「ビジョン・ミッションを追及したその先に描く、“善き社会”」

創業以来、上田社長の中で変わらないもの

特別対談_「変わらないもの、変わるもの」

特別対談_「変わらないもの、変わるもの」

戦略や戦術の存在意義

特別対談_「戦略や戦術の存在意義」

特別対談_「戦略や戦術の存在意義」

なぜ働くのか、なぜ生きるのか

特別対談_「理性(論理)と感情(喜怒哀楽)のバランス」

特別対談_「理性(論理)と感情(喜怒哀楽)のバランス」

マネジメントの本当の意味が、日本人にはわかっていない

特別対談_「本当の意味でマネジメント」

特別対談_「本当の意味でマネジメント」

コンプライアンス(法令遵守)とガバナンス(企業統治)の視点

特別対談_「コンプライアンスとガバナンスの考え方」

特別対談_「コンプライアンスとガバナンスの考え方」

組織心理学の研究者である森田顧問との対談

組織人と知識人が対談する目的

※タイトルをクリックすると記事もご覧いただけます。

従業員は働くのが好きか、嫌いか?

組織人と知識人_人間観_01

組織人と知識人_人間観_01

人は責任をとることが好きか、嫌いか?

組織人と知識人_人間観_03

組織人と知識人_人間観_03

自律的な人は組織の中にいないのか?

組織人と知識人_人間観_04

組織人と知識人_人間観_04

マクレガーのX理論とY理論、好きな方は

組織人と知識人_人間観_05

組織人と知識人_人間観_05

採用の視点として、Y理論的な生き様が好きな人

組織人と知識人_ Y理論的な人の採用

組織人と知識人_ Y理論的な人の採用

組織フェーズの成長段階で、求める主役(キーマン)が変わる

組織人と知識人_ 組織の中で主役になる人

組織人と知識人_ 組織の中で主役になる人