苦労の中で差し込んできたインターネットという光を、必死に掴みにいきましたね。

創業者であり、現代表の上田は、自身が描く戦略や組織の実現のため起業を決意し、満を持して新卒で入ったカタログ通販会社を退職。

しかしながら、起業して2年間、苦しい時代が続いたといいます。

社員に給料が払えないまま7000万円の借金を抱え、会社はばらばらに…
さらに人にも騙され人間不信に陥ってしまった上田。

佐藤:それは必要な時代ですけど、やりたくはないですよね。

上田:もう二度とやりたくないです(笑)。でも何人か残ってくれたんですよ。そこから低空飛行が続いて苦しかったんですけど、そこからはなんとかもう細々と、っていう感じで。それで、インターネットに出会ったんですよ。2年目の後半に。それが2003年の春ですかね。

佐藤:そういった苦労の中でインターネットっていう光が差し込んできたと。

上田:そうですね、必死に掴みに行きましたね。

現在は年商68億円規模の会社の創業者である、上田。

しかしながら、最初からすべて上手くいったわけではなく、低空飛行の苦しい時代が続いたんだとか。

そんな創業期、どのような経験を経てインターネットにたどり着き、今のビジネスの基盤が生まれていったのでしょうか?

[再生時間9:27]

(一部抜粋)

佐藤:最初はまず何されたんですか?

上田:化粧品ですね。前職で化粧品やっていたので。ネットも頭にないので、電話でテレマーケティングと組み合わせてやろうって。それで、大失敗しました。もう散々でした。借金まみれになって、2年間迷走しました。

上田:理念と、リアルな資金繰りってあるじゃないですか。そもそも最初は戦略の方をしっかりやりたいっていう思いが強くて、それにみんなが共感してくれたっていうのが大きくて。当時は理念と戦略の部分を全然言語化できていなかったですね。

上田:お金もなかったので、個人的に7000万くらい借金したんですね。資金繰りも経営もわかんないし、もう全然わからなかったんですよ。本はいちおう読んでるつもりなんですけど、リアルって違うじゃないですか。やってみたら全然売れないし。当時社員が13人になってて、その人件費や固定費の支払いがあって…、人にだまされたりしてお金とられたり…

佐藤:一通りやりましたね、本に書いてあるようなこと全部(笑)

上田:一通りやりました。それでもうぐちゃぐちゃで、人間不信みたいなことになるんですけど。結局振り返ると自分が悪いんですが、当時は大変でしたね。

佐藤:それは、もう自分の中で理想的な組織云々なんて言っている場合じゃなかったですね。

上田:もう全然。

佐藤:資金繰りですよね、「もう売上だよね」みたいな。前のオーナーがいっていた「売上ってこれだ」ってことがわかったんですね。

上田:ああこの人すごいなと。そこがなければ理想を語るなんてとんでもないなと。それでも理想ってのもあるんですよ。人に対する関心はあったんだけど、その人に対して給料が払えなくて。

上田:で、給料をぎりぎりまで借金で払っていったんですけど、最後もう来月払えないという時に社員全員集めて。ごめんなさいもう給料払えないんだと。もうここまできたんだけど借金できないと。する当てもないから、個人的に借りてたんですけど、もう来月いよいよ払えないってなった時に社員全員集めて話したんですよ。

上田:そうしたら全員がばっと向こうむいたんですよね。当時はもの凄くショックでした。今から考えると当たり前。それで、ばらばらになったんですよ会社が。

佐藤:みんなやめていった?

上田:やめていきましたね。その時にまず組織内のリアルなギャップというものに触れるんですけど、そんなこんなでごちゃごちゃするような低空飛行が2年間続いたって感じですね。

佐藤:でも1番成長した時期かもしれないですね。苦しいかもしれないですけど。

上田:そうですね、仰る通りですね。勉強させられましたね。


《対談者プロフィール》

佐藤孝治

株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長
1972年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。97年7月アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。99年10月ジョブウェブを法人化し代表取締役社長就任。以後、学生の就職支援と企業の採用支援を通じて、 学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。2013年7月より代表取締役会長に就任。
著書に「廃止論(PHP出版)」「内定の原則(英治出版)」等。
公益財団法人日本ユースリーダー協会 理事
一般社団法人アスバシ教育基金 理事

上田敬太郎

株式会社コスパクリエーション 代表取締役
新卒で大手通販企業に入社。その後、2001年に理想の組織づくりを目指して、 株式会社コスパクリエーションを創業。『通販素材.com』を立ち上げ、ネット通販の供給側に在庫リスクゼロで販売ができる、BtoBtoCの事業モデルを構築した。常日頃から本を読むことが好きで、その幅はとてつもなく広く、ビジネス書だけでなく、哲学、音楽、芸術、歴史に精通しているため、質問に対して返答がないケースは稀。しかし、高校まではピッチャーとして甲子園を目指したり、大学ではボート部に所属していたりと体育会系でもある。