関わる人誰しもを幸せにしたい~ネットの中に生態系を生みだす~

創業者であり現代表の上田が苦境の中から生み出したビジネスモデルには、当初上田が学生時代から思い描いていた組織そのものへの拘りが随所に見られます。

佐藤:「社内の組織づくりもそうですけど、会社の繋がり全体の生態系が、ある種理想の組織づくりみたいになっているんですかね。」

上田:「仰る通りで、社内で完結しないネットワークだっていうのは10年前から話していました。そこを意識しながらやらないと、事業拡大しないよという話はずっとしていました。」

佐藤:「みんなが幸せになっていく、その影響範囲をどれだけ広げられるかということですよね。いいですね、面白い。」

現在は年商68億円規模の会社の創業者である、上田。

上田が思い描く、本質的な組織の在り方を反映したビジネスモデルは、一体どのようにして広まっていったのでしょうか?

[再生時間5:16]

「コスパクリエーションのビジネスモデル① 関わる人誰しもを幸せにしたい~学生向けに事業内容を解説~」

「コスパクリエーションのビジネスモデル② 関わる人誰しもを幸せにしたい~100%のリスクを自社で負う~」

もぜひご覧ください。

(一部抜粋)

佐藤:これだけ売れる自信があるんですし、全部自社で楽天やアマゾンに載せて売ってもいいんじゃないかと思うんですけど、どうしてこう皆さんに富を分かち合うっていう形をとっているんですか?

上田:富を分かち合うというか、他人のお金、リソースを上手く取り入れつつ、扇の形のように発展させたいっていうのが頭にあったんです。自社でやると、直接市場に出していくのでPL(損益計算書)が単純化するじゃないですか。ってなると、これってどこかで詰まるんじゃないかという感触があったんですよね。最初から。

佐藤:色んな人の知恵とかパワーを、チームにしていこう、みたいなイメージですかね?

上田:前職がBtoCだったからだと思いますね。5年間そのビジネスモデルを体験していたんですが、単純なので、結局最後力での勝負になっていくんですよね。それも最後勝つのは1社だと思うんです。だから当時から、全体として競争しないモデルを作りたかったっていうのもありますね。

佐藤:じゃあ生態系みたいなものとか、コミュニティをつくろうといった感じなんですかね。

上田:仰る通りですね。増殖していく生態系、惑星の体系みたいなネットワークをネットの中につくるっていう発想で、自己増殖的にいくっていうイメージのほうがいいかなと。広告費なかったですしね、最初。(笑)

佐藤:みんながやってくれたら、友達にも紹介して、みたいなのも含めてリーチしますもんね。

上田:あとは自分が創業しているっていうのもあるんですけど、それって創業者ネットワークじゃないですか。創業者が1番強いと思うんですよね。死んでもやるだろうみたいなのあるじゃないですか。(笑)
そこに噛ませたいとか。いくつか理由はあったんですけど、広告で伸ばしていく自信もなかったですし。

佐藤:前職で新聞広告にどれくらい払っているかも知っていますもんね。

上田:はい。そうなんですよ。そこの採算ばっかり見ているわけじゃないですか、当時。今でこそネットの中に生態系を生み出すっていうのがネットイノベーションの定番になっていますけど、当時はそんな意識はなくて。ただ感覚でしかなかった。言語化できていないんですけど、そっちのほうが伸びる気がしたんですよね。

佐藤:常になんか愚直にやったり、苦労してやらされたりやってみたら、実は結構時代の先端にいるっていう。

上田:結果的に、ですね。(笑)


《対談者プロフィール》

佐藤孝治

株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長
1972年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。97年7月アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。99年10月ジョブウェブを法人化し代表取締役社長就任。以後、学生の就職支援と企業の採用支援を通じて、 学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。2013年7月より代表取締役会長に就任。
著書に「廃止論(PHP出版)」「内定の原則(英治出版)」等。
公益財団法人日本ユースリーダー協会 理事
一般社団法人アスバシ教育基金 理事

上田敬太郎

株式会社コスパクリエーション 代表取締役
新卒で大手通販企業に入社。その後、2001年に理想の組織づくりを目指して、 株式会社コスパクリエーションを創業。『通販素材.com』を立ち上げ、ネット通販の供給側に在庫リスクゼロで販売ができる、BtoBtoCの事業モデルを構築した。常日頃から本を読むことが好きで、その幅はとてつもなく広く、ビジネス書だけでなく、哲学、音楽、芸術、歴史に精通しているため、質問に対して返答がないケースは稀。しかし、高校まではピッチャーとして甲子園を目指したり、大学ではボート部に所属していたりと体育会系でもある。