現在担当している業務について教えてください

財務情報の調達と供給

管理部のミッションは、「経営はじめ社内外の関係者に情報を提供していくこと」です。
そのためには、確かな情報の調達が必要と考えています。

管理部にとっては社内外で関わる人全員が顧客になります。
関係者から売上や税金などの情報を集めて形にし(役員向け資料など)社内外に向けて提供するのが主な仕事です。

たとえば、経費申請などの書類ひとつ取っても、情報を集めるために「どうすればわかりやすく、スムーズに出してもらえるか?」「時間を守って出してもらえるか?」を考える。この時の顧客は社員になると考えています。

前職で行っていた経理の仕事は、日々の入金と売上数値を照らし合わせるだけ、というまるでロボットみたいな仕事だったので、もっと幅広い仕事にチャレンジしたいと思いコスパクリエーションに転職してきました。

ここでは新しい仕事をどんどん任せてもらえるので、日々やりがいを持って仕事ができています。

以前から取り組んでいる財務諸表などの資料作成業務に加えて、ちょうど今は、教えていく立場に立つことに挑戦しています。

他社とコスパクリエーションとの違いは?

「何をやるべきか?」を考える機会が多い

コスパクリエーションでは、「この仕事の正体は何か?」を考えていくので、考える領域が格段に広がりました。

前の会社での「考える」は、「どうやって早く終わらせるか?」ということだけでした。
けれども、コスパクリエーションでは、業務を正確に早くやるのだけではなく、「今やっていることは本当に必要か?」、「これって役にたっているのか?」と問いながら、「何をやるべきか?」と常に根本から考え改善を続けています。

前職の経理は、作業効率をいかにあげるかを考える“集計屋”でしたが、今の仕事は常に、もし自分が経営者ならどういう情報が欲しいか、今この会社で良くない点はどこで、経理として警鐘をならすべきところはどこなのか、ということまで考え、提示する内容や見せ方を工夫していく “情報屋”だと思っています。

入社して一番変化したことは?

変化していくことを恐れなくなった

入社してから一番変化したことは、「行動ができるようになったこと」ですね。

以前はもっと頭でっかちで斜に構えていて、自分の考えはあっても実際に行動に移すことができませんでした。

今思えば、変化することを怖がって意固地になっていたのだと思います。

コスパクリエーションでは、会社の理念についてみんなで話し合ったり、社長や働いている人たちの考えを聞いたり話し合ったりする時間(管理部のMTGや全社朝礼、朝の勉強会や共有会)があるのですが、そのとき聞いた考え方や教えてもらった本やコラムを読んでいくうちに、「悩んでいても何も変わらないから一回飛び込んでみよう!」という思いに行き着いて、一回思い切って行動してみたんです。
そうすると、周りの人から次の変化へのヒントをもらえるようになっていきました。

今では、一生懸命やれば次の変化があると知っているので、新しいことにもどんどんチャレンジをしています!

学生時代と比べて変わったことは?

「貢献」が身近なものになりました

学生のときは、自分が面白いと思うこと、楽しいと思うことをしていただけで、社会貢献という言葉を聞くと、ボランティアとか、貢献できる人はすごい人なのだろうとか、規模の大きなことだろうとか、自分とは遠い存在というイメージを持っていました。

今、コスパクリエーションで自分には何が求められているのかを考えて働くようになって、自分の仕事が貢献につながっていることをイメージできるようになりました。

自分の仕事は会社に「貢献」しているもので、コスパクリエーションのやっていることが社会貢献につながっているので、自分も仕事を通して“社会貢献”の一端を担っていると身近に感じるようになりました。

コスパクリエーションの魅力

%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

チェンジ・チャンス・チャレンジ

実際、自分はこの4年間で変わったと実感しています。

変わるとチャンスを与えてもらえるし、それにどんどんチャレンジしていける環境がコスパクリエーションにはあるので、チェンジ→チャンス→チャレンジ→チェンジ→チャンス→・・・・

このサイクルをまわしながら変化していけるところが魅力です。