はじめに

私は会社の仕事というものを一般の学校やビジネススクールなどの授業で教えてもらったことがない。

私は決してスマートにこの組織を経営してきたわけではない。

しかし、だからこそ書ける仕事論・経営論もあるのではないかと考えている。

創業からこれまで、夢の中でも仕事のことを考え続け、小さな「わかった!」を積み上げてきた。

普通の人より少しだけ長く強く仕事の本質を考え続けてきたと思う。その結果身に着けた経験を伝えたいと思い文章を書いている。

私は、会社の仕事とは詰まるところ「技能としての哲学」だと思う。

哲学とはものの見方・考え方と言い換えてもいいが、「技能としての」とつける理由は、決して頭で理解するだけでは事足りず、スポーツのように心・技・体のバランスが要求される実践的知識体系だからである。

しかも個人スポーツではなく、他人との複雑な関係性をも司る集団スポーツだ。

しかし、スポーツに似ているからといって、相手が目の前にいることは稀である。

競争相手を決めるのも仕事の一部なのだ。

味方が突然、敵になることだってある。競技の種類やルールでさえ考え検討する対象になる立体的で複雑なゲームである。

そうした、ビジネスゲームの世界で、競争相手に勝ち続け、自社の存続と成長を獲得するには、日々現場で遭遇する個別具体的な課題に対し、反射的に最適解を導き出すような次元にまで修練を積まなければならないのである。

何度も何度も基本動作を身体に染み込ませ、実践でアウトプットを繰り返し、初めて成果につながる性質を持っているのである。

であればこそ、学校でスマートに教えるだけでは事足りず、ひたすら成果に執着し、現場で悶絶し、知的・精神的修羅場で格闘しながら体に刻み込んだリアルな「仕事の実学」には意味がある、そう感じたからこそ書く気になった。

私は常々、仕事は現場7割・座学3割と言い続けている。

ここで文章を読むだけではまったく何の役にも立たないだろう。文章と読む者の経験がシンクロし、新たな知恵を紡ぐ土壌を生んでくれるはずである。

成長を続けるわが社のようなベンチャー企業の最前線で、挑戦し、実力を蓄積していってくれるような、多くの若い「できるやつ」の輩出を待ち望んでいる。

代表取締役 上田敬太郎

COSPAフィロソフィー

トレード・オフ 中途半端が一番いけない

我社のビジネスにおける典型的なトレード・オフは、欠品率と在庫量の関係に現れる。 欠品率を下げたいという思いと在庫を減らしたいという思い。 この二つはそれぞれを見るとどちらも正しいしもっともだ。 しかし、両立は基本的にできそうもない。 こうした関係値におかれる事柄をトレード・オフの関係にある、という。こうした関係性が社会にはいたる所にある。MORE >

自分の居場所はここであり、今この瞬間に集中する

‘ここではないどこか’に自分の居場所があると思うと、目の前の仕事に身が入らない。 ここではないどこかに自分を求めてくれている人がいると思うと、目の前の人間関係を大切にしなくなる。 仕事で成長していける人は逆に自分の居場所はここであり、今この瞬間の人間関係、コミュニケ―ションが自分にとって一番大事であると思っている。 他を断念し、目の前の仕事に集中する。MORE >

コミュニケーションを通じて、仕事の目的や意味を考える

個人が何かをしたいという意志を持つ。 しかし、それだけでは仕事にならない。 全社的意志(目的)との親和性を確認し、すり合わせなければ必ず独善に陥る。独善では市場の要求を満たすことは決してできない。 一方で、意志を持たずにコミュニケーションだけをとっても、そもそもコミュニケートする中身が何もない。 コミュニケーションは個人の意志(考え)と個人の意志・・・MORE >

プロのスポーツ選手やミュージシャンに匹敵する素晴らしい仕事

小さいころに心に抱いた夢。 プロ野球選手になりたい、プロサッカー選手になってワールドカップに出場したい、宇宙飛行士になって宇宙に行ってみたい、小説家になってみんなを感動させる小説を書いてみたい、音楽家になって世界中の人に感動を届けたい。 誰しもが子供のころは想像力豊かに夢を描いていた。 それが、いつしか現実の忙しい毎日に埋没して、そんなこと忘れてしまい・・MORE >

価値観を一度は相対化して眺め、違う価値観と比べてみる

あなたは子供のころに親に言われてきたことを疑ったことがあるだろうか。 人にやさしくすることはいつでも正しいことと、どうして言い切ることができるのだろうか。 他人に迷惑をかけなければやりたいことを何でもやりなさい、あなたの人生なのだから。 本当にそう言い切れるのだろうか。 ルールを守ること、それはいつでも正しいことなのだろうか。 法律を守ること。MORE >

創業の決意を固めた言葉 齢30、この社会にできないことはない

「人間30歳になって、この社会にできないことなどない」 この言葉は私が創業前、創業を決意しようと逡巡していた時にある本で出会った言葉である。 私はこの言葉に触れ、逡巡している自分自身を恥じ、一歩を踏み出す決心を固めた。 この社会には自分一人でできないことはたくさんある。 30歳になってもできることよりできないことの方が実際は多いだろう。 しかし、この言葉を私はそうした文脈では捉えなかった。MORE >

無責任に批判的な言葉ばかりを並べて、仕事をしてはいけない

仕事で問題にぶつかったとき、なんでもっとうまくやってくれないのかと上司や会社を批判する人がいる。 もっとこうしたらどうですか? なんでこういう仕組みにしてくれないのですか? と無責任に批判的な言葉ばかりを並べ立てて仕事をしている気になっている。 でも、そんな風に気が付いたならば、あなたがその点を改善してくれてもいいのではないか。 なぜ、改善のために骨を・・・MORE >

生産性を上げるとは、効率ではなく効果を上げようとする態度

生産性を上げるとはどういうことか? 生産性を上げるとは、物事を効率良くこなし短時間で終わらせることではない。 生産性を上げるとは、効果を上げようとする態度のことである。 効率ではなく効果なのである。 つまり、どのようにやるか(早くやるとか、上手くこなすといったようなこと)を考えることではなく、何をやるべきか、また、何をやらないべきか・捨てる・・・MORE >

経営資源(ヒト・モノ・カネ)を効果の上がる仕事に集中させる

「どうしてBtoC事業をやらないのですか」「どうして営業部隊が社内になかったのですか」など、事業に関する質問が寄せられることがある。 ひとことで答えるならばそれは…経営資源には限りがあるからだ。 経営資源とは「ヒト・モノ・カネ」とよく言われるが、突き詰めるとそれは「ヒト」に集約される。そして、ヒトとは思考である。MORE >